流星群☆

ふたご座流星群2021大阪の穴場やピークの時間や方角は?天気も!

大阪のふたご座流星群穴場観測スポット!

12月に入りそろそろ「ふたご座流星群」の季節になりましたね!

秋から冬にかけて空気がとても澄んでいて、星がとっても綺麗に見える季節なので、ふたご座流星群は毎年人気ですよね♫

 

特に最近はコロナの流行で外出自粛や我慢が多かったので、アウトドアで楽しめるイベントは外せないですよね☺️

 

ふたご座流星群を観測しようと思った時に、

・穴場スポットってどこ?

・ピーク時間はいつ頃?

・観測できる方角はあるのか

がとても気になったので、調べてまとめてみました!

 

そこで今回は「ふたご座流星群2021大阪の穴場やピークの時間や方角は?天気も!」と題し、ふたご座流星群の観測についてご紹介してまいります!

 

ふたご座流星群のピークの時間や方角・天気は?

ここでは、ふたご座流星群の基本情報をご紹介してまいります♫

今年は活発な動きをするため2日間も観測することができるとの予報なので、ぜひチェックしてみてくださいね☺️

 

ふたご座流星群がピークを迎える日時

12月14日に極大(たくさん観測できる時間帯)になり、

日本では13日深夜(14日の朝にかけて)の2時〜4時くらいまでが観測しやすく狙い目になります‼︎

【今年の特徴】

13日〜14日の明け方と14日〜15日の明け方2日に渡って観測する事ができます。

💡今年は月明かりの影響を受けるため、月が沈んだ後の明け方2時〜4頃が見頃になります。

街灯や街明かりが少ない所など観測状況が整うと、

13日〜14日では

1時間あたり40個以上の流れ星

14日〜15日では

1時間あたり30個以上の流れ星

が観測されるのではないかと予想されています!

 

特に大阪は、大きな街が多く街灯の影響を受けやすい特徴があります。

予報では、都市部でも「月が沈んだ後」午前3時頃、1時間に20個から30個観測できる予報がされております!

 

ふたご座流星群の極大時刻

極大時刻は、12月14日午後4時頃なので、日本は太陽が出ている時間になります☀️

 

しかし極大時刻が夕方なので、日本では観測できる数は少ないものの2日間楽しむことができるとのことで、少し珍しい予報になっています☆

 

ふたご座流星群がよく見える方角

流星群は空全体で観測できるので、よく見える方角は特にありません。

なので、街灯が少なく空が広く見えるところがおすすめです‼︎

💡なるべく暗い方向の空を見るようにすると、多く流れ星を見る事ができます!

街の明かりを背にすると、流れ星が見やすいかもしれません。

 

ふたご座流星群当日の天気

詳しい内容が発表されましたら、こちらでもご紹介してまいります🙇‍♀️

12月13日〜15日未明

天気予報準備中。。。

 

当日はとても寒くなる事が予想されているので、温かい服装で観測することをおすすめいたします🙇‍♀️

 

ここでは昨年観測した方のおすすめ観測スポットをご紹介してまいります‼︎

各地域の特徴も併せてご紹介しますので、お近くに似たようなスポットがありましたら、ぜひ参考にしてくださいね!

 

ちなみにどういう所で観測をするのがいいかと言うと、

街の明かりが少ないところ

周囲が開けていて、空が広く見えるところ

が天体観測にはいいと推奨されています!

街郊外の広い公園

・海や山、湖、キャンプ場などの自然が多いところ

は空が広く見えて暗めなので、天体観測がし易いと言われています。

それではおすすめスポットのご紹介にまいりましょう!

 


大阪の穴場観測スポット (ふたご座流星群)

ここでは地元の方の口コミを元に、大阪府の星空観測のおすすめ穴場スポットをまとめました。

大阪は大きな街が多く、夜遅くでも街灯の影響を受けやすい地域です。

他県に比べて

和歌山県や奈良県にドライブ・宿泊で見に行く方が多いことがわかりました!

今回はその中で、大阪からあまり離れていない近隣の穴場スポットについてご紹介してまいります!

 

 和泉葛城山

大阪府内で特に星空が綺麗に見える穴場が、和泉葛城山です!

頂上まで車で行けて、車内で観測する方もいるとのことです☺️

見晴らしもいいので、是非行ってみてくださいね♪

大塔村の天文台 (奈良県)

大阪から少し離れて、奈良県にある大塔村の天文台近辺が人気です!

ここには温泉や宿泊施設があり、星空がとても綺麗に見えると知っている人の中では人気のスポットです!

ここに宿泊をすると貸し出し望遠鏡があり、ゆっくり楽しむこともできそうですね。

 

猪名川天文台 (兵庫県)

猪名川天文台は、大阪の北側・京都にも近いことからアクセスの良い穴場です。

気軽にいける反面、他にご紹介しているスポットに比べて観測できる星の数が減ってしまいますが、十分楽しむことができます!

 

かわべ天文台(和歌山)

和歌山県にある、かわべ天文台もオススメスポットです!

天文公園があり空がとても開けています♪

御坊インターを降りてすぐの東側は、特によく星空が綺麗に見えます!

 

西はりま天文台 (兵庫県)

兵庫県にある西はりま天文台が隠れ穴場スポットです!

中国道佐用インターを降りてすぐの周辺では、星空がよく見えます。

天候の条件が合えば天の川が見えることも。。。

 

青山高原(三重県)

大阪府から少し足を運ぶ形になってしまいますが、青山高原にある駐車場が穴場です!

また近くにキャンプ場があるので、空が広く見えて絶景です。

高野龍神スカイライン (和歌山県・奈良県)

特に高野山から南側で星空が綺麗に見えます!

 

大阪の星空スポットまとめ!

大阪府内では、どうしても街の明かりが強いので、流れ星がみれる個数が減ってしまう特徴があることがわかりました。

もしドライブで近隣の山や森、自然豊かな環境に行くことができれば、多くの流れ星を見ることができそうですよね。

今回のふたご座流星群は2日間観測できるので、是非楽しんでくださいね♪

最後に1つだけ注意!

少しずつ寒くなってきたので、防寒対策をしっかりとって観測することをお勧めいたします。

冬の観測は車中で見ることも多く、明け方は特に冷え込むことが予想されます。

体調には充分お気をつけくさいね。

 

 

最近ではUSBで温まる電気毛布が人気のようです!

 

 

 

 

まとめ

今回は、ふたご座流星群2021大阪の穴場やピークの時間や方角は?天気も!と題しましてご紹介してまいりましたが、いががでしたでしょうか?

街灯が多い都市部でも月が沈むと1時間に20・30個観測できるようなので、お時間がある方は空を見てみてはいかがでしょうか?

 

天気が良くなれば最高とのことでしたので、天気の情報もチェックしてまいります!

 

今回もお読みいただき、ありがとうございました🙇‍♀️

ABOUT ME
とらのめ
このブログは、ヒマになりがちなアトラクションの待ち時間に”ちょっとした楽しみ”と”新たな発見”をテーマに記事を執筆しております。 ‐‐‐‐‐筆者について‐‐‐‐.・✈* 世界のディズニーパークが好きで、地球の東側を制覇! TDLではアトラクション好きの遠方組。 そのため一期一会の精神で、1回のインパに全力を注ぐDオタ
error: Content is protected !!