Music

グッナイ小形さんキンプリ髙橋海人くんも推しで話題!代表曲の漫画も

最近じわじわと音楽ファンの中で注目されている「グッナイ小形さん」ですが、キンプリの髙橋海人さんがポポロという雑誌のコーナーで紹介されていてTwitterで話題になりましたよね!

 

初めて「グッナイ小形」さんの名前を聞くと、とてもキャッチーなアーティスト名なので、

・グッナイ小形さんってどんな人なのか

・どんな歌を歌って活動しているのか

気になった方も多いのではないのでしょうか。

 

そこで今回は、グッナイ小形さんのプロフィールや、キンプリ髙橋海人さんが推していた代表曲「きみは、ぼくの東京だった」を中心にご紹介したいと思います。

 

グッナイ小形さんとは?

 

グッナイ小形 (ぐっないおがた)

1991年生まれ (今年29歳)

出身地:北海道

 

経歴

2016年 友部正人さんの音楽を聞いてギターと歌を始める

その後、小樽市や札幌市を中心に、ユニットを組んで音楽活動

同年9月「グッナイ小形」にアーティスト名を変更

 

2017年

2月 活動拠点を、東京 高円寺へ移す

以降、アルバムの自主製作や、ライブ活動を行う

 

2018年

インディーズレーベルであるカフェオレーベルに所属

 

インディーズレーベルに所属後は、

 

・写真家Shoutaro Kanekoさんと写真詩集「すきま」を製作や

・知多良さん監督の、「君は、ぼくの東京だった」MV制作

・漫画家・世良田波波さんとのコラボレーション

 

など、活動の幅は広く高円寺を中心に音楽活動をされています。

 

 

公式ホームページのプロフィール欄に、

翌日遠方のLIVEに向かう新幹線に乗るため、

ストリートで一晩歌って旅費を稼ぎ出す男。

描き出される風景は、リアルのような夢であり、絶望のような誠実さに満ちている。

オールドスクールスタイルのフォークソングを、

少し舌足らずに言葉多めに紡ぎながら、

現代的なクールさや軽やかさ、繊細さも併せ持つ稀有な存在。(引用)

 

と紹介されており、グッナイ小形さんの独自の世界観が、聴く人を魅了しているのだと思います。

 

ご紹介したい曲がたくさんあるのですが、その中でもMV制作や漫画化のコラボレーションをし、雑誌で髙橋海人さんもお話していた、

「きみは、ぼくの東京だった」について次項からご紹介してまいります!

 

代表曲「きみは、ぼくの東京だった」

 

グッナイ小形さんご自身も思い入れのある曲と語っている代表曲「きみは、ぼくの東京だった」をご紹介します!

 

一度聴いたら忘れない最初のフレーズや、今の自分や過去に刺さるサビの歌詞がとても魅力で、私も会社の休み時間に初めて聴いて、泣きそうになりました。。。笑

 

この楽曲は、冒頭でもお話しましたが、ポポロ10月号でキンプリの髙橋海人さんが紹介されていて、話題になりましたよね。

 

 

髙橋海人さんが「東京で頑張っている人に刺さる」とお話されている様に、

新しい環境で頑張っている人や、昔感じた想い等、自分の状況に置き換えて、気がついたら感情移入しながら聴いてしまう魅力があります。

 

またこの「きみは、僕の東京だった」の魅力は、映像・漫画と表現が広がり、コラボレーションした、コンテンツが配信されています。

 

①映画の様なMV

日常を切り取ったかのような、でも思い出の様にも見える不思議なMVですよね。

 

このMVの監督は「知多良さん」がされており、映画監督として活躍されています。

 

2人はグッナイ小形さんの路上ライブで知り合い、知多良さんは、グッナイ小形さんから「大切な曲だから」オファーを受けたとのことです。

 

「きみは、ぼくの東京だった」のMV支援プロジェクトのページで、作品に対する想いを語られています。

 

②「きみは、ぼくの東京だったな」という漫画がある

実は私はここから知ったのですが、「きみは、ぼくの東京だった」をイメージして製作されたとのことです。

 

こちらは世良田波波さんの作品で、グッナイ小形さんの曲を聴いているときの様な、感覚や感情になります。

 

ドブネズミのシーンや、友達とのシーンで、何となく感じたことのある感情が、心の中でうずうずする作品です。

 

 

こちらの漫画は、Noteに、最後まで掲載されています。

 

先ほどご紹介したMVの監督をされた知多良さんを通じて、グッナイ小形さんに届いたようで、あとがきに作品への想いが綴られています。

 

他の楽曲を聴くには?

 

他の楽曲も聴いてみたい!もっと知りたいと思った方は、公式ホームページ

・CDや配信楽曲の購入方法

・ライブの情報

・YouTubeやメディアの情報

等の情報があるので、ぜひ見てみてくださいね!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

心に刺さるエモい感じが何とも言えない楽曲の魅力に、聴き惚れてしまった方も多いのではないのでしょうか。

(表現下手で申し訳ございません)

 

頑張っているときや、疲れときに響きながら優しくより沿ってくれる、「グッナイ小形さん」の音楽と、「きみは、ぼくの東京だった」のご紹介でした。