News

北海道札幌コロナ増でGOTO不安!なぜ?飲食店の現状や対策まとめ

北海道札幌への旅行が不安!コロナ対策や現状

連日北海道の感染者数が増え続け、ニュースになっていますよね。

 

9月までは人数も少なくGOTOが開始されたころに、北海道旅行の予約をされた方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

 

あまりの感染拡大に、道民の私も流石に驚いていますが、

現在の北海道の状況

北海道の感染予防対策

北海道で過ごす際の注意点

について微力ながら、現状をお伝えできればと思いまとめました。

 

そこで今回は北海道・札幌の現状をお伝えし、少しでもお役に立つことが出来ればと思い、今回「北海道札幌コロナ増でGOTO不安!なぜ?飲食店の現状や対策まとめ」と題し、ご紹介してまいります!

 

北海道札幌コロナ増!なぜ多い?

まず最初にお話したいのが、感染者数だけ見ると東京都とあまり変わりませんが、分母になる人口数が

・北海道の人口 : およそ 520万人

・東京都の人口 : およそ 1400万人   ※2020年10月

とてもざっくりですが、東京都は北海道のおよそ「2.7倍」の人口です。

 

人口に対する新規感染者の人数をザックリ表すと

北海道の新規感染者数が200人だとしたら

東京では540人の感染者数に該当します

 

ちなみに11月9日、札幌市だけで150人を超す予定です、、、

これを札幌市(およそ200万人)だけで置き換えると。。。

と考えると今の感染者数はとてつもなく恐ろしいですよね💦

 

 

※あくまで目安として参考にしていただけましたら幸いです。

 

北海道札幌感染者 なぜ多い?

考えられる要因としては

・気温の低下

・乾燥の時期

・冬を越すための「密閉された建物」や「街中の地下空間」

ではないかと言われています。

 

気温の低下

最近では、最高10度台に行く日が少なくなってきました。

そのため、地下や室内で過ごすことが増え、季節柄密集しやすい環境になってしまったことが考えられます。

 

乾燥が厳しい季節

屋外は気温の低下によって空気が乾燥

室内は暖房設備等の使用による乾燥

この時期は、喉を傷めたり、違和感を感じやすい時期でもあります。

 

冬を越すための密閉された建物

隙間風や部屋の温度低下を防ぐために、建物の作りが他の地域と違い、少し特殊になっています。

風の通りより、保温効果等を重視している建物も多いので、換気を意識的に行う必要があります。

 

以上の事が重なり、毎年11月の北海道は、

「インフルエンザの流行が始まる季節」でした。

細菌・ばい菌のイラスト「悪い顔のキャラクター」

こういった状況下の中、ホテル・飲食店・交通機関はコロナ対策を行っております。

 

 

次項、この3ポイントを抑えて、個人でできる旅行の対策について

最後に、コロナ対策をしっかりと行っている飲食店・ホテル等の見分け方について

ご紹介してまいります!

 

北海道札幌コロナ増でGOTO不安!対策は?

ここでは、個人レベルでの対策法についてご紹介いたします。

 

先ほどご紹介した3点

・気温が低い

・乾燥が強め

・密閉された空間

に負けないように、以下のポイントをご紹介してまいります。

 

その1

これからの季節、北海道(札幌)の外は寒いですし痛いです!

大げさでもいいので、防寒対策はしっかりとしましょう。

 

その2

これからの北海道(札幌)は、乾燥が激しいです!

のど飴・うがい藥・飲み物(お茶)などを用意し、こまめに喉をいたわりましょう!

 

またホテル等を選ぶときは「加湿器や空気清浄機の貸し出し」があるか確認しましょう!

 

その3

感染予防対策の基本「うがい」「手洗い」「消毒」「体調管理」をしっかりしましょう!

 

これからの北海道・札幌は?

これからの季節、外は寒く室内は暖房ガンガンでとても厳しい季節です!

その寒暖差と感想の激しい環境に耐える事ができる「体調」や「装備」でお越しくださいね!!

冬のカフェのイラスト

 

北海道札幌の現状や予防対策まとめ

ここではホテル・飲食店での感染予防対策についてご紹介してまいります。

 

北海道では、新北海道スタイルという名目で、コロナの感染予防対策を行っています。

 

「コロナに強い社会」を目指して、北海道の指導のもと、独自の対策守っている飲食店やホテル等でこのステッカーが貼られています!

 

新北海道スタイルの詳しい内容はこちら

滞在する際の1つのポイントとして参考にしていただけましたら幸いです。

 

ホテルの現状・予防対策

ホテルでは、入り口で検温検査・各所に消毒液の設置・ホテルによっては、空気清浄機の貸し出し等を行っています。

 

・人気の施設も空いているので、人との距離は十分に取れそうです。

・エレベーターの利用人数の制限があるところもあります。

・送迎バス付のプランでは、座席が指定されており、1個ずつ空ける等の対策をしているホテルもあります。

 

またブッフェスタイルの食事では、

・入場前の検温と除菌

・食べ物を取る時は手袋・マスクを必ず着用

トングなどの使用ルール (1回使用したら戻さない)

等、感染予防対策が徹底されており、宿泊者の協力が必要になります。

各ホテルでルールが違うので、しっかりと理解し、食事を楽しみましょう!!

 

※手袋・マスクの着用を拒否すると、ブッフェ会場の入場を断られる可能性が高いです。

マスクを着用することによって体調がすぐれない方などは、事前に相談が必要になりますので、ご注意ください。

 

飲食店の現状・予防対策

こういった季節柄、感染予防対策を手厚くしているお店が多いです。

先ほどご紹介した、新北海道スタイルを守ってしっかり営業しているお店が多いです。

 

しかし残念ながら「ごく一部の飲食店等」では、入り口の消毒液なし・店員さんのマスク着用がないお店もあります。

 

万が一そういったお店に行ってしまった時は、退出する勇気を持ちましょう! 

 

また夜が深くなってくると、酔いが回ってマスクをせずに大きい声で歩いている人もちらほらいらっしゃいます。

周りをよく見て、無理をしない範囲で楽しむ事をおすすめいたします。。。

 

まとめ

今回は「北海道札幌コロナ増でGOTO不安!なぜ多い?現状や予防対策まとめ」と題し、北海道札幌市を中心に、現状をお伝えしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ご旅行でいらっしゃる際は、充分にお気をつけて、先ほどご紹介しましたポイントを参考に楽しんでいただけたらと思います。

 

絶対に大丈夫!安全!安心!とは全く言えない状態が続いていますが、

コロナが落ち着いたら、「やっぱり北海道楽しい!」とたくさんの方にお越しいただけるよう、引き続き地元で頑張ってまいります!

 

早く収束してほしいと願うばかりです。。。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。