Johnny's

HoneyBeeの正体は誰?狼青年のダンスがヤバイ!予想や考察も

12日のお昼に突然現れた、謎のボーイズグループ「HoneyBee」の楽曲「狼青年」が発表されましたね!!

 

この狼青年は、嬢王蜂のアヴちゃんが楽曲提供し、ダンスの振り付けは東京ゲゲゲイのMARIEさんがされており、とても豪華な組み合わせに驚いた方も多いのではないのでしょうか!!

 

そして一番気になるのは、

HoneyBeeって誰?正体は?

というところではないのでしょうか!!

 

そこで今回は、「HoneyBeeの正体は誰?狼青年のダンスがヤバイ!予想や考察も!」と題し、突然現れた謎のボーイズグループの正体について、考察や予想を元にご紹介してまいります!!

 

関連記事

AITSU【ジャニーズ】は誰?ファンの正体予想や考察まとめ!

 

HoneyBeeの正体は誰?予想や考察も!

現在Twitterでは、HoneyBeeは「Hey!Sey!JUNP」ではないかと予想されています!!

 

現在正式な発表はありませんが、

・HoneyBeeは「8人組」だったこと

・MVの「歌声」が特徴的だった

ことからHey!Sey!JUNPではないかと思った方が多く、もしこれが本当だったら、ファンの方たちの勘ってすごいですよね!!

 

 

公式ホームページとMVはこちらから!!

 

 

HoneyBeeは誰?考察

ここからは、Twitter上で盛り上がっている「予想や考察」をまとめてご紹介してまいります!!

 

YouTubeで公開されたMVを見ると、赤いパーカーのフードをかぶっていて、顔が見えないようになっています!!

誰なのかとても気になりますよね!!

 

 

今回楽曲提供した「女王蜂のアヴちゃん」についてですが、

女王蜂とは、年齢も国籍も性別も明かさない4人組のバンドです。

一度聴くとクセになる「かっこよさ」と「ダーク」な世界観が魅力です!!

 

アヴちゃんはそのバンドのギターとヴォーカルを担当しています。

 

 

最初グループ名の「HoneyBee」を見た時は、アヴちゃんのバンド「女王蜂」に関連した名前なのでは?と単純に思っていました。

 

@ll93ymmさんも「わからない」と言っている通り、謎すぎてきょとんとした方も多かったのではないのでしょうか。

 

そこで、Twitterを見たところ、とても鋭い考察が飛び交っていました!!

 

1)山田くんの声に気が付くファンが続出

 

また、それぞれのファンが「声でわかる!!」といったツイートがたくさん上がっていました!!

 

踊り方で気付くファン

これもかなり高度な勘ですが気づいた方、本当にすごいです!!

 

 

関連作品の縦読みからのディズニー?

関連作品を、発表順に縦読みすると「H・S・J」で「Hey!Sey!JUNP」!!

 

 

そして

Honey Bee → プーさん
Sindibaad  → アラジンやシンドバット
John Darling→ ピーターパン

と連想できることから、ディズニー?!といった推理も!!

 

ピンの位置でメンバーを見分けた方も!!

フードについているクロスピンの意味を見つけて考察した方もいらっしゃいました!!

 

着用しているパーカーも見つかる!

 


 

 

まとめ

ファンのみなさんに脱帽です!!

さすがですとしか言いようがありません!!

 

HoneyBee狼青年のダンスがヤバイ!

楽曲もさることながら、ダンスがかっこいいと大変話題になっています!!

 

東京ゲゲゲイの「MARIE」さんが振付をされています!!

 

MARIEさんは東京ゲゲゲイで活動されており、「ゲゲゲイの鬼太郎」では、猫娘役で踊っています!!

 

 

ヨガのインストラクターの資格をお持ちで、キレッキレなダンスの中にある繊細さがとても魅力でかっこいいダンサーさんです!!

 

MARIEさんのかっこいい振りつけが、アヴちゃんの楽曲と相まって最強の1曲になったこと、間違いないでしょう!!

 

 

正体はやっぱりJUMPでした!

今日のベストアーティストでテレビ初パフォーマンスをしましたが、カッコ良すぎて最強でしたね♡

 

 

まとめ

今回は、「HoneyBeeの正体は誰?狼青年のダンスがヤバイ!予想や考察も!」と題し、突然現れた謎のボーイズグループの正体について、考察や予想を元にご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

 

もし、HoneyBeeがHey!Say!Junpだったとしたら、これから先どんな企画が待っていて、どんな発表がされるのかたのしみですね!!

 

今後の情報から目が離せません!!

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。