News

兵庫県庁水漏れは個人の責任?多額弁済ひどい!ブラック!ネットの反応

兵庫県職員の方が、受水槽の栓を締め忘れ1ヶ月開けたママになっており、水道代が600万円になったとの報道がありましたね。

 

兵庫県知事が会見を開き、説明があったものの

・これって一人の責任?

・現場の確認体制ってどうなっていたの?

・どうして請求や折半になったの?

・裏がありそう

と、1人に責任を負わすことに疑問を抱いている意見が多くみられました。

また、なぜ一人で多額弁済になってしまったのか気になりますよね。

 

そこで今回は「兵庫県庁水漏れは個人の責任?多額弁済ひどい!ブラック!ネットの反応」と題し、なぜ多額弁済になってしまったのか。本当に一人の責任なのかを考察し、ご紹介してまいります!

 

 

兵庫県庁水漏れ閉め忘れは個人の責任?

とてつもない水道代に驚きますが、その水道代(半分)が、個人負担になってしまったのには理由があるのでしょうか。

 

現段階では不明ですが、こういったツイートを上げている方がいらっしゃいました。

 

国家賠償法1条2項

公務員に故意又は重大な過失があつたときは,国又は公共団体は,その公務員に対して求償権を有すると定めている。

すなわち,通常の過失であれば公務員個人は免責されるものの,重過失がある場合はそれに限らないということである。 引用

 

この場合ですと、兵庫県は今回の件を「通常の過失」ではなく「重過失」と認めたということになりそうですね。

一般の企業と違って、公務員には色々決まり事がありそうですね。

 

しかし、現場の確認といえばダブルチェックや管理体制があるもの。と考えてしまう方も多く、今回の件について本当に「個人の責任」なのか疑問に思いますよね。

 


兵庫県の個人の多額弁済はひどい?無責任?ネットの反応

ネット上では、1人の責任ではないのでは?との意見が多くみられました。

また責任を負うにせよ、300万円を請求することに違和感を感じるとの声もありました。

・その人の上司はどういう対応・責任を取ったのか

・管理体制がまずかったのが原因なら、個人の負担はおかしい

・現場の確認体制はどうなっていたのか

(サブや他の責任者はいなかったのか)

・半分の300万円はどこから捻出するの?

・業務に関わっている人の連帯責任なのでは?

・再度起きないようにどう対応したのか

といった疑問や意見が出ておりました。

少なくとも、今日の知事の会見では不透明な部分もあったのかもしれませんね。

 


 まとめ

そこで今回は「兵庫県庁水漏れは個人の責任?多額弁済ひどい!ブラック!ネットの反応」と題し、なぜ多額弁済になってしまったのか。本当に一人の責任なのかを考察し、ご紹介してまいりましたがいかがでしたでしょうか。

 

本当にその人だけの責任かは不明ですが、兵庫県としてその職員さんが「重過失」をしたとの判断したのは、間違いなさそうですよね。

 

もう少し詳しくわかればと思うところもありますし、現在わかっている情報が少ないので、なんともいえませんが、少しショックングなニュースでしたね。

 

今後知事からお話があるかもしれませんが、疑問に思うニュースでした。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。