TVShow

M-1マヂカルラブリーは漫才じゃないし面白くない?感想や評判も

マヂカルラブリーは漫才じゃない?

M-12020はマヂカルラブリーが優勝しましたね!

 

筆者は涙が出るほど笑ったのですが、ネットでは賛否両論別れていましたね!

 

特に決勝のつり革ネタは、野田さんがほとんどしゃべっていないことから、「漫才ではないのでは?」との感想もあり、独特の世界観から「面白くない」と言った声もありました。

 

審査発表される前から、マヂカルラブリーの評価や意見が真っ二つに分かれており、とても気になったのでまとめてみました!

 

そこで今回は「マヂカルラブリーのつり革は漫才じゃないし面白くない?感想や評判も」と題し、マヂカルラブリーのつり革ネタの感想や評判についてご紹介いたします!

 

関連記事

M-1グランプリ2020の決勝や敗者復活の見逃し配信や動画は?

マヂカルラブリーが上沼恵美子の公開処刑にリベンジ!つり革の破壊力!

 

M-1決勝マヂカルラブリーのつり革ネタは漫才じゃないし面白くない?

M-1決勝で披露された「つり革ネタ」は大爆発し、会場を笑いの渦に巻き込みましたね!

ネタが終わった後も、司会の今田さんが笑いすぎて涙を流してしまうほどの破壊力でした!

 

しかし「M-1は漫才No1を決めるコンテスト」なので、

・野田さんが最初以外ほとんど話していない

・ボケがサイレント

だったので、「つり革ネタが漫才なのか」というところで、ネット上では意見が割れました

 

決勝2本目のネタがこちらです!

 

ちなみに漫才とは

二人の芸人がこっけいなことを言い合って、客を笑わす寄席演芸。万歳を現代化したもので、大正初期に大阪で起こった。初め「万才」と書き、のち形式も多種多様に発達。  引用:goo国語辞典

と言われています。

 

多種多様に発達と書かれていることから、現在の定義が曖昧なところがあるのではないのでしょうか?

 

そして賛否両論のきっかけになったもう1つの要因が、

去年優勝した「ミルクボーイ」

M-1 2019は、正統派漫才を披露した「ミルクボーイ」が優勝したことから、言葉の掛け合いを期待していたファンや視聴者が多かったのではないのでしょうか?

 

そしてボケサイレントだけに、笑いのツボにハマらなかったり、意味や意図がわからず、「面白くない」という意見もありました。

 


賛否両論ありますが、Twitterやネットの感想・評判を見る限り、マヂカルラブリーは面白かったとの意見も多くあり、

惜しくも優勝を逃した「見取り図」や「おいでやすこ」も面白く三つ巴になったことも意見が割れた要因に思いました。

 

 


M-1マヂカルラブリーのつり革ネタの感想や評判も

今回みご優勝したマヂカルラブリーですが、上沼恵美子さんへのリベンジも果たし、今年もドラマがありましたね!

詳しくはこちら

マヂカルラブリーが上沼恵美子の公開処刑にリベンジ!つり革の破壊力!

 

ここでは皆さんの感想をまとめてご紹介してまいります!

上沼さんリベンジおめでとうの声

祝福の声

見取り図やおいでやすこの方が面白かったとの声

 

 

 

漫才ではないとの声

 


まとめ

今回は「マヂカルラブリーのつり革は漫才じゃないし面白くない?感想や評判も」と題し、マヂカルラブリーのつり革ネタの感想や評判についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

漫才とは何か?というところでは、これからも沢山意見が飛び交うと思いますが、もしかしたら新しい漫才の形かもしれませんよね!

 

今日決勝で勝ち残った3組は今年以上に来年活躍されていくことと思います!

今後のご活躍が楽しみですね♪

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました‍♂️

 

関連記事

M-1グランプリ2020の決勝や敗者復活の見逃し配信や動画は?

マヂカルラブリーが上沼恵美子の公開処刑にリベンジ!つり革の破壊力!