News

としまえん後のハリポタテーマパークとUSJとの違いは?イギリスと同じ?

昨日、としまえん跡地に『ワーナーブラザーズ スタジオツアー東京 メイキング・オブ・ハリーポッター』が2023年前半にオープンするとのニュースがありましたね。

 

ハリーポッターのテーマパークといえば、すでにUSJに「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター(ハリポタエリア)」がありますよね。

 

既にUSJにハリーポッターのテーマパークがあるのに、何でとしまえん跡地にまたハリーポッターの施設が新しくできるのだろう?と疑問に思った方も多いはず。

 

そこで、今回はとしまえん後の新テーマパーク『ワーナーブラザーズ スタジオツアー東京 メイキング・オブ・ハリーポッター』USJのハリポタエリアの違いについてご紹介いたします。

 

 

ズバリ!USJとの違いは?

ワーナーブラザーズ スタジオツアー東京 メイキング・オブ・ハリーポッターについて現在明らかになっている点で、USJとの大きな違いは、

 

・ライド型アトラクションはなく、撮影スタジオを見て回るツアー型施設

・映画で実際に使われた衣装や小道具の展示

その中にはなんと「ファンタスティックビースト」の展示も含まれています!

 

なので新しいテーマパーク施設は、ハリーポッターの映画の裏側やアクターが実際に着用していた衣装や小道具などを見て回るハリーポッターの博物館といったところでしょうか。

 

対してUSJはハリーポッターの世界に私たちが入り込んで楽しむ施設が多いですよね。

アトラクションに乗って魔法のほうきでハリーと飛んだり。。。

ホグズミート村に訪れて魔法の杖を買って、魔法をかけてみたりと。。。

USJはゲスト験型の施設になっています。

 

ここで気になるUSJのホグワーツ城の見学ツアーとの違いですが、新テーマパークは、撮影現場や裏側を重きにおいて違う形で実施されることが予想されます。

 

例えば、CG使用前の裏側を見ることができる「新テーマパーク」

対してハリーたちが生活している街や学校を見学したり体験できる「USJ」

といった大きな違いがあるかもしれません。

 

もしかしたら、新テーマパークのツアーでは、ハリーポッターの撮影秘話など、少しマニアックな情報を聞いたり見たりできるのかもしれませんね。

ハリポタファンや、ファンタビファンはとても気になりますよね!

 

最新情報が入り次第、こちらでも更新してまいります!

 

イギリスロンドンにあるテーマパークと内容は同じ?

実はイギリス ロンドンに「ワーナーブラザース・スタジオツアー ロンドン ザメイキング・オブ・ハリーポッター」という施設があります。

先ほどご紹介した新テーマパーク名と同じですね!

 

実は、イギリスの施設の第2号店との情報がありました。

ハリポタのテーマパークは、イギリスのテーマパークを参考にして、これから建築されるそうです。

といことは、イギリスに行かなくても、としまえん跡地に行けば「メイキング・オブ・ハリーポッター」に行くことができてしまうのですね!

 

 

では現地ではどのようなツアーが行われているかというと、

 

・映画撮影で使われたセットCG加工前のからくりが見れる)

・街並みの設計図など

ペーパークラフトで作成されたものや初期設定画

 

・衣装・ウイッグ・小道具

本人使用のものなので、とても貴重!!!)

 

といったものがずらりと並んでいます。

もうハリーポッターの製作過程ばかりでで見所満載ですよね!!

 

そして現地にはスタンプラリーがあったり、カフェではハリポタで大人気のバタービールも飲むことができるみたいです。

 

USJにもバタービールがありますが、味の違いがあるようで、いった方のレビューを見ると、USJの方が甘いようです!

 

ますます続報が気になりますね!!

 

まとめ

今回は、ハリポタ新テーマパークUSJのウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター(ハリポタエリア)との違いを中心にご紹介いたしました。

 

どちらもハリポタの施設ですが、製作者の方々の技術やハリポタが出来上がるまでの工程を知れる「新テーマパーク」

対してハリポタの世界で遊べる「USJ」と大きな違いがあり、どちらもファンにはたまらない違いがありそうです!

 

今後の情報解禁が待ち遠しいですね。