News

流行語大賞2020ノミネート30語の意味や由来・使い方は?

流行語2020ノミネートされた言葉の意味や使い方は?

今年もあと1ヶ月で終わってしまいますね。。。

 

年末といえば流行語大賞ではないのでしょうか!

今年も30語ノミネートされ、どれが大賞になるのか気になりますよね☺️

 

そこで毎年気になるのが

・意外と初めて聞いた言葉

・ノミネートされた言葉の意味

がちらほらありますよね💦

 

そこで今回は、「流行語大賞2020ノミネート30語の意味や由来・使い方は?まとめ」と題し、今年の流行語ノミネートされた言葉と、意味や由来について深堀りしていきます!

 

 

 

流行語大賞2020ノミネート30語は?

今年はコロナのインパクトが強く、コロナに関連した言葉が多くノミネートされましたね。

流行語大賞は2020年12月1日に発表されます!

どれが大賞を取るのか楽しみですね☺️

愛の不時着

第4次韓流ブーム

新しい生活様式

ニューノーマル

ウーバーイーツ
あつ森アベノマスク自粛警察
顔芸・恩返しアマビエZoom映え
鬼滅の刃エッセンシャルワーカーソーシャルディスタンス
香水おうち時間/ステイホームテレワーク/ワーケーション
AI超えオンライン○○濃厚接触者
カゴパククラスターPCR検査
総合的、俯瞰的GoToキャンペーン3密(三つの密)
ソロキャンプフワちゃんまぁねぇ~(ぼる塾)
時を戻そう(ぺこぱ)NiziU(ニジュー)BLM(BlackLivesMatter)運動

青字はコロナに関連した「ノミネートワード」です。

 

恥ずかしながら、今年も全部胸を張って「全部わかる!」といえなかったので、次項で意味や内容についてご紹介してまいります!

 

流行語大賞2020ノミネート30語の意味や由来・使い方は? エンタメ編

ここではノミネートされた流行語の意味や由来・言葉の使い方について

1つずつご紹介してまいりたいと思います☺️

 

エンタメ・ニュース ⇨ コロナ関連の流行語順にご紹介いたします!

愛の不時着/第4次韓流ブーム

愛の不時着は、動画配信サイト「Netflix」で大人気のドラマです!


第4次韓流ブームの由来ですが、特に定義はないらしいのです😲

第4次韓流ブームは梨泰院クラス、BTSやTWICEあたりも入るらしいです!!

 

ちなみに。。。

第1次 冬のソナタあたり

第2次 東方神起・KARA・少女時代あたり

第3次 コスメ・ファッション

と大まかに定義されているようです。。。。

 

あつ森

こちらの意味は、任天堂Switchのゲームソフト「あつまれ動物の森」です。


離島で擬似生活ができるゲームで、以前から人気のゲームですが、

発売日あたりに「緊急事態宣言」や春休み等が重なり、一時入手困難になりましたね💦

発売されてから半年以上経ちますが、今も人気のゲームです!

 

AI超え

こちらの由来は、プロの将棋士の藤井聡太二冠が、棋聖戦五番勝負で打った1手が、

AIが6億手の中から最善だと思う1手

と同じだった事が話題になったところから「AI超え」という言葉が生まれました。

 

顔芸・恩返し

こちらは、ドラマ「半沢直樹」で話題になった言葉です。

 

顔芸の由来は、パワーのあるセリフをいう際の役者さんの顔がとてもインパクトがあったことからきています。

次にノミネートされた「恩返し」の意味ですが、今回の半沢直樹の2期では、香川照之さん演じる「大和田常務」が

「施されたら施し返す、恩返しです」

と言ったセリフから生まれました。

これは「やられたらやり返す、倍返しだ!」のオマージュですね!

 

鬼滅の刃

最近テレビで聞かない日がない位耳にしますね!

週間少年ジャンプで連載がされていた作品です。


鬼滅の刃は、今年原作漫画が終了し、現在映画をやっていることからとても話題になっていますね☺️

 

カゴパク

もしかしたら一番わかりにくい内容かと思いますが、

こちらの意味は

「かご」… スーパーのかご

「パクる」… 盗む

で、レジ袋有料化で「スーパーのかご」を盗む事件が多発していたようです!

 

ご存知の方いらっしゃいましたか?私は知りませんでした。。。

 

香水

こちらの由来は、瑛人さんが歌っている楽曲名です。

別にきーみを求めてないケド」でおなじみですよね☺️

ドルチェ&ガッパーナの香水も気になりましたね😃

 

時を戻そう(ぺこぱ)

こちらの由来は「ぺこぱ」という芸人さんのネタです☺️

ペコパさんはボケに対して「全て肯定してツッコミ」をいれる新しい漫才をされており、気を取り直してという時に「時を戻そう」という言葉を使います。

 

「時を戻そう」の使い方は、

何か噛んで失敗してしまった時

スベッた時

等の後で使うと場が和むかもしれませんね☺️

 

Niziu(ニジュー)

オーディション番組で選出された9人のボーカル&ダンスユニットです!

韓国で大人気のアーティストでプロデューサーのJ.Y.Parkさんがプロデュースして話題になりましたね‼︎

フワちゃん

今年テレビで大人気の「タレント」「芸人」「YouTuber」です。

アメリカに長く住んでいたことから、英語も堪能で、素直で正直、元気いっぱいで明るいキャラクターで大人気ですよね!

 

まぁねぇ~(ぼる塾)

由来は、ぼる塾という4人組(1人育休)の芸人さんのネタです☺️

メンバーの田辺さんが言う「まぁねぇ〜」が独特で、真似する人も多いですよね!

 

次項では、「エッセンシャルワーカー」や「ウーバーイーツ」など、何となく知っている言葉は多い、コロナ編・政治編をご紹介いたします!

 

流行語大賞2020ノミネート30語の意味や由来・使い方は? コロナ編

新型ことなウイルスの発生で、たくさんの言葉が生まれましたね!

ここではサラッとコロナ関連の流行語をご紹介してまいります!

 

新しい生活様式/ニューノーマル

こちらの由来は、コロナ関連の言葉です。

意味は「withコロナ」の方がしっくり来るような気がしますが、コロナの感染予防を生活に取り入れていく新しい生活スタイルのことですね!

今年1年で大きく生活が変わりましたね🙇‍♀️

 

おうち時間/ステイホーム

春の緊急事態宣言時に、外出自粛時に生まれた言葉ですね!

 

ちなみにノミネートされた他の言葉も、ステイホームから派生しています。

テレワーク・ワーケーション

在宅勤務の推奨

 

オンライン○○

ZoomやLineなどで行う

オンライン会議・オンライン飲み会等が話題

 

Zoom映え

Zoomできれいに映る方法のことです。

人の第一印象は大事!オンライン会議でいい印象を!と言うところから始まり、

仕事でクライエントさんによく見られるためには?等で話題になりました。

 

自粛警察

外出する人や、人混みにいく人を個人で厳しく取締る様子

 

ウーバーイーツ

こちらの意味は、出前・宅配サービスの事です!

アメリカのサンフランシスコで生まれた出前サービスで、2016年に日本に上陸しました。

 

このサービスで宅配できるお店も増え、今回のコロナ禍で一気に注目されましたね!

 

アベノマスク

こちらは皆さんご存知の「アベノマスク」です!

由来は、当時の安倍首相の政策で「アベノミクス」を捩ったものでしたね。

 

1世帯に2枚は足りない家庭が多く、こういった風刺がありましたね。

 

ソーシャルディスタンス

新型コロナ対策の1つとして、人との距離を保つと言う意味ですよね。

 

そこから感染予防対策で以下の言葉もノミネートされました。

3密(三つの密)

・密閉空間・密集場所・密接場面

を避けましょうと言われていましたね!

 

濃厚接触者

定義は、感染された方と発症2日前から1m以内15分以上接触した人のことです。

 

クラスター

集団感染が起きた事を指します。

 

PCR検査

上記の濃厚接触者やクラスター発生場所にいた方や、自主検査で受けれるのことです。

 

アマビエ

アマビエは日本で古くから言い伝えのられている妖怪です。

疫病などに関する予言し、姿を絵に書くと流行病が治まるとの言い伝えがあるらしいです!

エッセンシャルワーカー

私たちの生活に欠かせないお仕事をされている方々の名称

・医療・福祉・農業・販売・飲食関連・通信・交通など

 

今回のコロナ禍で命を守ってくださっている、医療従事者の皆さんには頭が上がりません。■

 

GoToキャンペーン

コロナの感染予防をしっかりとした上で、旅行や飲食を楽しみましょう!といった政府で行っているキャンペーンです。

クーポンや割引など、普段ではなかなか見かけない金額で、旅行やグルメを楽しめる政策です。

今感染拡大している事から、色々な議論がされていますね。

 

ソロキャンプ

新型コロナウイルスの感染拡大で、思うように旅行にいけなかった夏に、キャンプが注目されましたね!

 

元々究極の大人の楽しみ方として人気だった「ひとりキャンプ」がノミネートされました!

車の内装をDIYしたり、ひとり用テントも人気でしたね☺️

 


特にひとり用テントは、避難所へいく際に、パーソナルスペースが確保されることと、コロナ対策で有効な事から、注目されましたね!

 

流行語大賞2020ノミネート30語の意味や由来・使い方は? 政治編

最後に政治関連の流行語をご紹介してまいります。

総合的、俯瞰的

日本学術会議の任命拒否をした問題から生まれた言葉です。

 

記者会見で、菅首相が「総合的、俯瞰的活動を確保する観点から判断をした」と答えたこの言葉から、2語がノミネートされました。

 

ちなみに日本学術会議とは

日本学術会議は、科学が文化国家の基礎であるという確信に立つて、科学者の総意の下に、わが国の平和的復興、人類社会の福祉に貢献し、世界の学界と提携して学術の進歩に寄与することを使命とし、ここに設立される。 引用

と定義されています。

 

BLM(BlackLivesMatter)運動

これはとても衝撃的なニュースでしたね。

ここでは書ききれませんが、差別とは?人権とは?と考えさせられる出来事でした。

この事件をきっかけに始まったのが「BLM運動」です。

 

流行語と言っていいのかはわかりませんが、今後この事件を忘れないように、ノミネートされたのではないかと思います。

 

まとめ

今回は「流行語大賞2020ノミネート30語の意味や使い方は?歴代も!」と題し、今年の流行語について意味や・使い方についてご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

 

流行語は、1言でその年を思い出せるパワーワードですよね!

今年はどの言葉が対象になるのか楽しみですね☺️

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました🙇‍♀️