Disney

スペースマウンテンが怖い5の理由と浮遊感があって酔うのか克服法を解説

スペースマウンテンはアトラクション中ずっと真っ暗なため、どんな動きをするのかわからない怖さがありますよね?

外から見てもアトラクションのコースや雰囲気も見えないので、何も情報がなくて、ハードルが高く感じてしまうのではないのでしょうか?

この記事では

・スペースマウンテンが怖い5つの理由

・浮遊感があって酔うのか?

・コースや内部はどうなっているの?

・克服する方法は?

といった疑問について「絶叫苦手でビビりな筆者」が徹底解明します!

筆者とらのめ
筆者とらのめ
筆者も乗れるようになるまで怖かったのですが、今では大好きなアトラクションになりました‼︎

この記事を読み終わる頃には

・怖い原因や克服法が分かればチャレンジできそう!

・スペースマウンテンのことを知ってちょっと安心

・やっぱりやめとこう!

など、乗るための判断材料になること間違いなし!なので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

下の目次で”怖いと思う項目”や”気になる項目”がありましたら、クリックするとその記事へ飛ぶので読んでみてくださいね!

 

スペースマウンテンが怖い5つの理由とは?

スペースマウンテンが怖い理由はズバリ

1)真っ暗でどうなっているのかわからなくて怖い

2)速いのが怖い

3)急旋回が怖い

4)巻き上げでどこまで高くなるのかわからなくて怖い

5)ふわっと浮く(浮遊感)があるのか心配

以上5つになります。

実際に乗って怖かった方のネットでの感想や、絶叫苦手な筆者の体験、スペースマウンテンのコースや構造から分析してまとめました。

1つずつ「怖いポイント」をご紹介してまいります。

とらぞうさん
とらぞうさん
この中に苦手なことや心配事はあったかのう?

 

1)暗くてどうなっているのかわからなくて怖い

スペースマウンテンは真っ暗で、周りがよく見えないため、どう動くのかわからなくて怖いです。

そのため事前にどんな動きをするのか知っておく必要があります。

※内部構造の動画は次章でご紹介します。気になる方はこちら

コースの大まかな絶叫ポイントとして、

大きな落下はない(スププラッシュの小落下・カリブの海賊の最初より落ちない)

・急カーブが多く、下に引っ張られて重さを感じる

・急に方向転換があるので体が振られる

の3点になります。

この動きを知って、大丈夫かも?と思った方は、チャレンジしてみても良いかもしれません。

しかし、ライドに乗車中ずっと暗いので、純粋に暗いのが苦手な方へはスペースマウンテンへの搭乗をおすすめできません。

とらぞうさん
とらぞうさん
無理をしないのが一番じゃ!

 

2)速いのが怖い

スペースマウンテンの最高速度は50 km/hで、ディズニーランドのアトラクションの中ではトップクラスで速いアトラクションになります。

「時速50km」と聞いてイメージがしにくいと思いますが、車で走っているとき、たまに標識で50Km/hの表示を見かけますよね?

標識がない道の法定速度は60Km/hなので、普段乗っている自動車より少し遅いイメージをするとわかりやすいかと思います。

とらのすけ
とらのすけ
でも真っ暗の中の50km/hはとても速く感じて怖いよ💦

スペースマウンテンのコースでは以下の特徴があり、実際の速度よりより速く感じます。

・速い速度で急カーブがある

・ライドが速いので向かい風が強く吹いているように感じる

・暗い中に瞬いている星が走っているように見える

なので、速いのが怖い方は注意が必要です。

とらぞうさん
とらぞうさん
周りにある星が流れ星のようにヒュンヒュン動いているように見えるから、体感はもっと速く感じるので注意じゃ!

 

3)急旋回が怖い

スペースマウンテンは、急旋回・急カーブが多いのが特徴です。

スペースマウンテンは、あの白のドームの中におよそ1kmのコースがあり、巻き上げは最初の1回でテッペンまでいきます。

そこから少しずつ下がっていくのですが、カーブや螺旋状の回り方をしながら前に進んでいきます。

だからあのドームの中におよそ1kmのコースがあるんですね💡

とらのすけ
とらのすけ
そんなにたくさん回るの?
とらぞうさん
とらぞうさん
それでもレイジングのように縦に360度回転や、スクリューはないから、天と地が逆さになることはないぞ!

「ぐるぐる回るポイント」が多く、その度に振られて遠心力を感じやすく、体が下にズーンと重くなります。

上から押さえつけられるような重い感覚と、回転系アトラクションが苦手な人は注意が必要です。

 

4)巻き上げで高くなるのが怖い

スペースマウンテンは、最初の巻き上げでテッペンまで行き、昇りは1回で終わります。

最初結構上がっているように感じますが、斜めになっているトンネルの中を上がっていくので高さを感じるシーンがありません。

また、ライドが降り始める頃には真っ暗な宇宙空間にいるので、降りるまで高さを感じることはありません。

とらのすけ
とらのすけ
緊急停止の際は電気が点くから床が見えてしまうけど、滅多に遭遇しないよ!

 

5)ふわっとする浮遊感があるのか心配

浮遊感が感じるほどの落下はありません。

ジェットコースター特有のお腹が浮くあのふわっと感はありません。

スペースマウンテンは、速度が速いまま急カーブをするので、体が下に押しつけられるような重力を感じるのが特徴です。

座席にズンっと引っ張られるような重くなる感じが苦手な方は、注意が必要です。

ママとらこ
ママとらこ
ふわっとは浮かないけど、下にかかる重力を感じるのね💦
とらぞうさん
とらぞうさん
ふむ!自分が何が一番苦手なのか知っておくことが大事じゃ!

 


スペースマウンテンの内部の構造やコースはどうなっているの?

前章では、スペースマウンテンの怖さについてご紹介してまいりましたが、実際にコースがどうなっているのか想像しにくかったのではないのでしょうか?

ここではスペースマウンテンの構造について詳しくご紹介してまいります。

⭐️スペースマウンテンの概要⭐️

コースの全長:925m

最高高度:23m

最高速度:50km/h

ライド乗車時間:約3分

ライド乗車人数:横2人乗りの6列 1ロケット12人乗り

とらのすけ
とらのすけ
コースの長さが約1kmあって、それを3分で進むんだね! 高さは、ビル7階位の高さになるんだ!
とらのすけ
とらのすけ
概要はわかったけどそれで実際のコースはどうなっているの?

スペースマウンテンは乗車中「真っ暗」なうえ「撮影が禁止」されているので、コースを動画で確認することができませんが、海外にあるスペースマウンテンのコースを再現した方の動画がありました。

こちらは、フロリダにあるマジックキングダムのスペースマウンテンの中身の再現ですが、

東京版とコースは違うが概ね動きが似ている

ため、こちらの動画を見て想像しやすいかもしれません。

上の動画でわかる、スペースマウンテンのコースのポイント

・スピードが落ちるポイントがない →  最後まで速い

・ぐるぐる螺旋状に回るところがある → 重力がかかる

・巻き上げは一番最初だけ → トンネルや終始暗いので高さは感じない

・大きく落下するところがない → ふわっと浮く浮遊感がない

ということがわかりましたね!

とらぞうさん
とらぞうさん
こちらの動画で大まかに動きの想像できたかの?
筆者とらのめ
筆者とらのめ
筆者もマジックキングダム版に乗ったことがありますが、コースの動きや旋回するときの速さは、東京版に似ていましたよ!

※ちなみにマジックキングダム版は2つルートがあるのですが、どちらも大きな違いはありませんでした。

こちらの動きを基に、スペースマウンテンを「どうやって対策して克服できるのか」をご紹介してまいります!

 


 スペースマウンテンの怖さの克服法は?

スペースマウンテンの怖さと内部の全容をご紹介してまいりましたが、ちょっとチャレンジしてみようかな?と思った方もいるのではないのでしょうか。

この章では

スペースマウンテンを克服する方法

怖さを軽減できる裏技

について、項目ごとにご紹介してまいります!

 

先ほどご紹介しました「5つの怖い」に対しての主な克服法はこちらです!!

1)真っ暗でどうなっているのかわからなくて怖い一番前に乗る・内部の構造動画を見る。
2)速いのが怖い克服は難しいが他のアトラクションで練習ができる
3)急旋回が怖い他のアトラクションで練習ができる。
4)巻き上げでどこまで高くなるのかわからなくて怖い真っ暗なので高さを感じず怖くない。
5)ふわっとする浮遊感があるのか心配落下はないが、重力が重くのしかかるため、座り方を工夫する
とらぞうさん
とらぞうさん
気になる項目をタップすると記事に飛ぶのでクリックしてみるのじゃ!悩んでいる項目はあったかのう?

 

1)真っ暗でどうなっているのかわからなくて怖い

こちらは「一番前に座ること」でほのかに前方のコースを把握することができます。

実は、ライドの先頭に座ると前のレールが少し見えます。

カーブするタイミング、少し下るタイミングがこれでわかります!

一瞬ですが次の動きに対して心の準備ができるので、安心感が抜群にあります!

逆に後ろの席だと真っ暗なので、今自分がどこにいて次にどうなるのか分かりませんが、一番前の席は「レールが見える」ので、レール上を走っている実感が安心に変わります。

筆者とらのめ
筆者とらのめ
絶叫苦手でビビりな筆者も、一番前に座った時の安心感がハンパなかったです!
とらぞうさん
とらぞうさん
逆にコースが見えて怖い人は1列目以外の席に座るのじゃよ!

ちなみに、スペースマウンテンでは暗闇でも「星空の灯り」と「暗順応」で中盤以降景色がうっすらみることができます!

真っ暗が怖い方の中で、少しでも灯りがあると安心な方は少しハードルが下がるかもしれません!

 

2)速いのが怖い (克服が難しい)

スペースマウンテンの最高速度は50km/hです。

先ほど一般道を走る車より少し遅いとのお話をしましたが、アトラクション内が真っ暗なため、体感速度は実際の速さより速く感じます。

また、構造の動画でご紹介しましたが、スペースマウンテンはアトラクションが終わるまでずっと速いままです。

途中で動きが止まったり、ゆっくりになったりする事はありません。

とらぞうさん
とらぞうさん
速いのがとても苦手な人は、無理をしないのが一番じゃ!

 

しかし、速さが怖いからという理由で諦めてしまうのは正直もったいないです!

他のアトラクションで、速さの順を追って克服していく方法があるのでご紹介します。

 

参考までにTDRで「前進するアトラクション」の最高速度を遅い順にまとめました!

インディジョーンズアドベンチャー25km/h
ガジェットのゴーコースター35km/h
フランダーのフライングフィッシュコースター35km/h
ビッグサンダーマウンテン40km/h
スペースマウンテン50km/h
レイジングスピリッツ60km/h
スプラッシュマウンテン62km/h
センターオブジアース75km/h

ディズニーのジェットコースターの登竜門と言われている、「ガジェット」と「フランダー」の2大コースターは色々な練習ができます。

子ども用のジェットコースターと侮るなかれ、結構激しめのアトラクションだったります。

 

この2つのジェットコースターで、スペースマウンテンに乗る練習ができます。

「ガジェットのゴーコースター」

・巻き上げ後、速度がゆっくり速くなる

・終盤ぐるぐる回る時に、少しだけ重く感じる

(※動きがビッグサンダーマウンテンに似ている)

フランダーのフライングフィッシュコースター」(SEA)

・1回の巻き上げでテッペンまで行き、ぐるぐる旋回しながら下る

・急旋回が多く、体に重さがかかる

(※動きがスペースマウンテンに似ている

ちなみにハードルがかなり高いですが、速さが一番近い乗り物が「ビッグサンダーマウンテン」になります。

・ビッグサンダーマウンテンは何回かトンネルに入り、真っ暗になる

・速さがスペースマウンテンに近い

💡暗い中速いジェットコースターの練習ができる

ビッグサンダーマウンテンの詳しい怖さはこちら

ビッグサンダーマウンテンが怖い6つの理由と克服法を絶叫苦手が徹底解説ビッグサンダーマウンテンは東京ディズニーランドの3大絶叫アトラクションで人気ですが、絶叫苦手な人にとっては「怖さ」がとても気になりますよ...

まとめると、

動きが似ているのがフランダーのフライングフィッシュコースター

速さが近くて暗さの練習ができるのが「ビッグサンダーマウンテン」

になります。

無理をせずできる範囲で、ゆっくり試してみてくださいね♪

とらのすけ
とらのすけ
速さに慣れるなら、このランキングが参考になりそうだね♪

 

 

3)急旋回が怖い (克服しやすい)

急旋回はしますが「右回りの後すぐ左回りといった乱暴な動きはありません。

なので急に体が振られることがあっても、ある程度曲がる方向がハッキリしているので、対策ができます。

一番前の席に座るとレールが見えるので、急旋回前に心の準備ができます

横揺れが怖い時は、前にある安全バーをしっかり握って曲がる方に体を倒します

ポケバイのイラスト※レーサーのイメージ

とらのすけ
とらのすけ
これは少し意識すれば大丈夫そうかな?

 

他のアトラクションでは、

アリスのティーパーティーで、ティーカップを手動で激しめに回す

ワールプール(SEA)の激しい動き

で練習することができます!

しかし回転で酔う方は注意が必要です。

 

4)巻き上げでどこまで上がるかわからなくて怖い (高さを感じないため克服度高)

スペースマウンテンは終始真っ暗なため、高さを感じるポイントがありません。

また、ジェットコースター特有の巻き上げもトンネル内で床があり下が見えない構造になっているのと、最初の1回のみで終わり、あとは下るだけです。

なのでその後上昇することはありません。

とらぞうさん
とらぞうさん
真っ暗な環境が大丈夫だったら安心じゃ!
とらのすけ
とらのすけ
意外とハードルが低い項目もあるんだね!

 

5)ふわっとする浮遊感があるのか心配 (緩和方法あり)

・スペースマウンテンでは落下するポイントがないので、浮遊感を感じません。

・旋回時にかかる重力が重めです。

※もしかしたら、敏感な方は浮遊感を少し感じることがあるかもしれません。

その場合は、必ず前方1〜3列目に座るようにしましょう。

とらぞうさん
とらぞうさん
後部座席は、ジェットコースターで絶叫度が上がるから注意じゃ!
とらのすけ
とらのすけ
スペースマウンテンは構造上、あまり前方と後方に差を感じなかったけれど、心配な方は注意が必要だね!

 

浮遊感がないとはいえ心配な方へ 浮遊感の軽減方法をご紹介

浮遊感の最大の恐怖は、

椅子から体が離れて浮くこと

お腹の辺りに違和感を感じること

胃(内臓)が動いてぞわっとするのが気持ち悪い

ではないのでしょうか?

これを軽減・皆無にする方法をご紹介します。

・椅子(座るところと背もたれ)から体が離れないよう、安全バーをきつめに締める

・足を浮かさず、しっかり床につける

・手を伸ばしてしっかり背もたれに体を付ける

そうすることで、体が浮くことはなくなり、特有のゾワッとする気持ち悪さを感じにくくなります。

ライドと体を一体化させてしまいましょう!

また、スペースマウンテンは1人ずつしっかり固定される安全バーがあるため、体をしっかりホールドすることができます。

なので浮遊感について、そこまで難易度は高くありません。

しかし、いざ乗った時に怖くなって以下のことをしてしまうと、思いっきり浮遊感を感じてしまい、アトラクションに乗ったことを後悔するので注意しましょう!

・ビビッて体をちぢめる

・怖くなって背中を曲げてうずくまる

・目をつぶる (スペースマウンテンは暗いですが目は開けておいてください)

スペースマウンテンは暗いですが、星の光で明るく見えたり、や暗順応で周りが見えてきたりすることがあります。

目をつぶってしまうと、自然と体が縮こまってしまい、ライドに振られやすくなってしまうので、注意しましょう!

 


スペースマウンテンの絶叫が緩和される席はどこ?

スペースマウンテンの絶叫度が緩和できる座席は

「1列目の席」です。

逆に一番怖い席は「最後尾の席」です。

 

とらのすけ
とらのすけ
その席に座るためにはどうしたらいいの?

乗り場にいるキャストさんに「怖いので前方に乗りたい」旨、相談してみましょう!

特に一番前の席はレールが見えるため、安心感があり、怖さも軽減されます。

とらのすけ
とらのすけ
キャストさんいつも忙しそうで言いにくいな。どうしよう💦
とらぞうさん
とらぞうさん
次のライドに案内してくれることが多く、笑顔で対応してくれるから安心じゃ!
とらのすけ
とらのすけ
よし!勇気を出して相談してみよう!

 


 スペースマウンテンは怖いが練習をすれば乗れるようになるアトラクションだった!

今回の記事のまとめです!

・自分の苦手を把握していると、練習して克服することができる

フランダーのフライングフィッシュコースターはコースの動きが似ている

・コースがわからなくて怖い場合は、一番前に乗る

・浮遊感や体が振られるのが苦手な人は、深く席に座って椅子に体をしっかりつける

・それでも怖い場合は無理しない

以上になります!

もし、怖さやポイントについて質問や追記事項がありましたら、お気軽にメッセージをいただけますと幸いです🤗

 

関連記事

とらのすけ
とらのすけ
スペースマウンテンの入り口や乗り場のアナウンスって何て言っているの?声優さんは誰?
とらぞうさん
とらぞうさん
シーン別に微妙にセリフが違いうのじゃ!声優さんもディズニーにゆかりのある方がされているぞ!
スペースマウンテンの場面別アナウンス集キャストのセリフや声優も紹介スペースマウンテンは絶叫アトラクションで注意事項が多いことから、並んでいる時からアナウンスがたくさんかかっていますよね! そしてア...

 

とらのすけ
とらのすけ
ビッグサンダーマウンテンも気になっているのだけど、どれくらい怖いの?
とらぞうさん
とらぞうさん
こちらも怖いと思うポイント別に解説しておるぞ! 
ビッグサンダーマウンテンが怖い6つの理由と克服法を絶叫苦手が徹底解説ビッグサンダーマウンテンは東京ディズニーランドの3大絶叫アトラクションで人気ですが、絶叫苦手な人にとっては「怖さ」がとても気になりますよ...
ABOUT ME
とらのめ
このブログは、ヒマになりがちなアトラクションの待ち時間に”ちょっとした楽しみ”と”新たな発見”をテーマに記事を執筆しております。 ‐‐‐‐‐筆者について‐‐‐‐.・✈* 世界のディズニーパークが好きで、地球の東側を制覇! TDLではアトラクション好きの遠方組。 そのため一期一会の精神で、1回のインパに全力を注ぐDオタ
error: Content is protected !!